PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もう泣かない!

おやぢぃさんの友達のブログで「雨降り地区」のお話を知りました。
「アン」(長女の名前)が早く虹の橋へ行けるように、今から楽しくお話します。
虹の橋はたくさんの方がご存知だけれど、「雨降り地区」のお話もご紹介します。転載OKのサイトからお借りしました。


『雨降り地区』

こんなふうに、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。

そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物たちは寒さに震え、悲しみにうちひしがれています。

そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。
大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らすことができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、出ていかない子達もいるのです。
地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。

地上に残してきた誰かさんと同じ辛い思いをして、同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛しあった記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去ることはないのです。

地上にいる特別な誰かさん達の幸せと愛に満ちた思い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。
ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。

彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命のはかなさと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒えることのない悲しみだけを、残しに来るのではありません。
思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。
信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから・・・。 


「アン」ありがとう。                             



スポンサーサイト

| 未分類 | 15:37 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

『アン』 かわいい名前をつけてもらって
きっと喜んでいると思います

『アン』 &(アンド)のアンとも読める
アンとママさんの『アン』

みんなと『アン』の&のアン
永遠なり

| Pさん | 2007/04/03 17:00 | URL |

Pさん
いつもありがとうございます。
喜んでくれてますね!
「アン」大好き!

| ルンラン | 2007/04/03 19:38 | URL | ≫ EDIT

すごく素敵な、話しですよね。
やっぱり、ずっと悲しんでたら虹の橋を渡れないんですね・・・。
素敵な名前もプレゼントしてもらって、今元気いっぱいみんなと遊んでるでしょうね。


| 小嶋 | 2007/04/03 22:02 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。